話題のケイ素を格安 1mg=業界最安値挑戦価格の0.56円〜 で 更に 美味しく摂取出来るケイ素クッキー ★クッキー1枚で なんと100咾侶樵任魍憤造農歇茲任ます!安いケイ素ならヘルシーサイレックスへ
 

トップ > ケイ素関連 > シリカシンター > シリカシンター(ケイ素溶出焼石) 2袋セット 定価20,000円が⇒11,000円 更に、必須アイテムのポット、風呂用網袋までセットされた 内から外からケイ素を浴びる 健康向上セット!

シリカシンター(ケイ素溶出焼石) 2袋セット 定価20,000円が⇒11,000円 更に、必須アイテムのポット、風呂用網袋までセットされた 内から外からケイ素を浴びる 健康向上セット!

商品コード : PSSS-B00002
希望小売価格 : 12,000
価格 : 11,000円(税込)
数量
 

日本

5,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
     
     
このページは、2袋セットの超特価販売をしております。
      商品説明中のコストは、1袋6000円の場合の説明ですので、
      2袋セットでは、更に、お得になっております。

『水溶性ケイ素』やペットボトル入りの『シリカ水』の事は、よく知っているけど 
「年間で使用すると高額なので大変。」と思われている皆様へ 
朗報!自宅でシリカ水が 毎日3円以下で飲める ケイ素溶出セラミック
 商品名 『Silica sinter (シリカシンター) 2袋セット』のご案内です。
     ★シリカシンター生活用の必須アイテム2つの無料プレゼント付き .櫂奪鉢¬崑
販売価格 2袋で何と 11,000円
【お得サイズ 1100g入袋×2】
(定価 2袋 20,000円)
(更に、送料無料)価格は消費税込
原料は、100%天然成分で厚労省が飲食用を
認める安全な素材
を使用。
これを食品の原料としても提供している会社
が開発したケイ素溶出焼石セラミックです。
ご注文は 今すぐ コチラ から
 売れている理由は?
その1使い方が、とっても簡単!
 ペットボトルに300g投入後、水道水を入れ一晩置けば、翌朝には、
 150咫殖高濃度のシリカ含有のミネラルウォーター(*02)が飲めるから!
 
 その2更に、1回分は、約150咫殖の高濃度でも『僅か 3円以下なので、
価格が6000円と言っても
1度購入すれば、約150咫殖の高濃度のケイ素水「1リットル」を
毎日飲み続けても 6年9か月 も飲めるからです。
★既存の水溶性ケイ素・濃縮液とのケイ素1mg当たりの価格比較なら、
既存の水溶性ケイ素は『5.16円/mg』で、
シリカシンターは『0.016円/mg』ですから、
5.16÷0.016=322.5 
つまり 1/300の価格です。
 
【計算式】下記の1mg当たりの単価比較表から、
1咾涼渦舛0.016円ですから、0.016×150
1日150咾覆0.016×150=1日当たり2.4円です。
容量は1,100,000mg、うちケイ素の量は約33%で363000mg、363000÷150=2420日分 
2420÷365≒6.6年 
最初の水洗いで減る分を考慮しても6年9か月使えます。
 
 その3:一晩置くと、希少湧き水同じレベルの酸化還元電位になる
残留塩素化合物も消え安心で体にも良い水が飲めるという理由もあります
 シリカシンター300gで1リットルの水道水が24時間で
ORP酸化還元電位=141mV、アルカリ度pH=7.65
の美味しくて体に良い水が出来ます。
(原料研究所で測定)
 
 ★一番に気になる「水道水のカルキ=塩素分」は、たったの約5分で消滅します。
 
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ■お召し上がり方■
  悒吋ち膿紂戮筺悒轡螢水』として、お召し上がりの場合
Silica sinter (シリカシンター) 300gを1リットルの水道水に浸し、
一晩置きますと
約150咫殖の高濃度のケイ素水1リットルが出来上がります。
納品時にシリカシンターは、マスキング加工(素材:シリカシンター自体の微粒子)を施し『1粒ずつ』を製造時に防塵・防水・防カビの対策をしてあるので、ピッチャー等に入れる前に水で洗い流して使用します。
 ★そのまま飲用以外に、味噌汁・炊飯・各種お水を使う料理全般にもご使用ください。
 ★気になるコストパフォーマンスは??
 ■ケイ素商品の1mg当たりの単価を比較■
 ここで、現在一般市場で販売されているケイ素関連商品で有名な商品である
/緇修らケイ素を抽出して作成されたという清涼飲料水として販売されている「水溶性ケイ素」と、
∋殻から湧き出すケイ素を含有したシリカ水」の中から117/Lの最高含有の「シリカ水」
との1mg当たりのケイ素の単価をSilica sinterと比較しますと下記の表のようになります。
★既存の水溶性ケイ素・濃縮液との比較なら、下の表から
5.16÷0.016=322.5つまり 1/300の価格です。
 
 ケイ素の1mg当たりの単価では、断然 安い!!
  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 「水溶性ケイ素」やペットボトル入りの「シリカ水」の事は、よく知っているけど 
年間で使用すると高額で大変と思われている皆様へ
 朗報!自宅でシリカ水が 毎日格安で飲めるケイ素溶出セラミック
1回分は、約150咫殖の高濃度でも『僅か 3円以下
★1度購入すれば、約150咫殖の高濃度のケイ素水1リットルを
     毎日飲み続けても6年9か月も飲める費用対効果も魅力!
商品名 『Silica sinter (シリカシンター)』のご案内です。
販売価格 今なら 11,000円 
【お得サイズ 1,100g入り】
(定価 2袋 20,000円)
(更に、送料無料)価格は税込

代引手数料は、10000円(税込)以上で無料。

 
原料は、100%天然成分で厚労省が飲食用を
認める安全な素材
を使用。
これを食品の原料としても提供している会社
が開発したケイ素溶出焼石セラミックです。
ご注文は 今すぐ コチラ から
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ■商品の開発会社は?
  〜〜ここでは成分の安全性とその成分の製造過程を解説致します〜〜
 (店長が製造会社に取材に行き、直接開発担当者様から『研究者の意図』や開発秘話を 
お聞きしましたので、その内容を解説させて頂きます。)
 この会社は、
代表が国立大学で物理学の大学院卒業後、大手上場電気会社研究室に勤務後に設立されました。
代表は「科学者は世の為人の為に貢献しなくてはならないとの考えで経営を
されております。
 〜開発の担当者様にお聞きしました〜
(開発ご担当) 「この商品は、ケイ素の特長を徹底的に研究して製造しました。
ケイ素は人間の生命組織に関する根源元素で重要なのですが、いくら良い商品でも価格が高くては、
一般人から所得の低い人たちまで全員にその恩恵を享受して頂くことが出来ません。
つまり、
『良いものを作っても高額では意味がない』との哲学で生まれたのが
シリカシンター なのです。」
 ◆開発の根拠◆【メーカー様にお伺いした時の問答内容を掲載】
 (店長) 質問ですが、ケイ素溶出セラミックSilica sinter (シリカシンター)の開発根拠は何ですか?
 (メーカーご担当) ケイ素は人間の生命組織に関する根源元素で重要なことから、
現在、健康食品専門店やデパートでも見ることが多くなり、
飲用に使われている商品群では、

「水溶性ケイ素」  ペットボトル入りの「シリカ水」 等が有名なのですが、
毎日使うとなると、どちらも年間10万円どころではない高額になります。
ですが、
我々科学者からすると、どう考えても「原料は、ケイ素化合物」のはずなので、

飲用に安全なケイ素化合物を探して安価で使用できる商品として販売すれば、
世の為人の為になり人々に喜んで頂けるとの思いで、ケイ素の原料の探究を始めました。
始めるにあたり、
当研究所内でケイ素の原料考察を行う際に所員たちに、
ケイ素の原料の所在を調査し、
日本市場での当該製品の生成行程が一目でわかる『
漫画的イラストを作成配布しましたので、
手作りでお見せするは少々恥ずかしいですが、それでも良ければお見せしましょうか?
 (店長) 是非とも、お願い致します。…と言って、頂戴したのが、このイラストです。
 
 (●イラストに描かれた場所や鉱山や河川は当然としても、各種植物にもケイ素が多いようです。)
 
 (メーカーご担当) このイラストにありますように、実はケイ素は色んな採集方法があります。
その中で、
弊社の開発商品は、比較が解り易いように同じく飲料水として利用する

「水溶性ケイ素」ペットボトル入りの「シリカ水」等との
「ケイ素1mg当たり」の単価を比較・考察することで、低価格でのご提供を追求しました。
 
 その事を解り易くイラストを見ながら説明しますと、
左から順番ですが、

ペットボトル入りの「シリカ水」は、
山河や湧水を原料として工場でペットボトルに充填して商品化されておられるようです。
 ここで、『ペットボトルの水』と『水道水』との違いをよく考察しますと、
消費者様が家で飲む時の違いは、

ペットボトル入りか 水道の蛇口から出てくるか
ケイ素の含有量が 多いか 少ないか
そのまま飲むと 消毒用カルキ(主成分=塩素化合物)が気になる。

というところと思われます。
そこで、
ペットボトル入りケイ素水商品群の中でケイ素含有量が現状で日本一多いと表示されているのが、

『シリカ水(ペットボトル)』という商品のようなのでコスパの比較対象に選びました。
 
 次に、イラストにある『水溶性ケイ素』という商品ですが、
製造会社の説明では、山から産出される水晶を2000℃の高温で溶解後、抽出処理して得られる
「ケイ素」の水溶液のようです。
ただし、この商品群ですが商品の部類を「清涼飲料水」と表示して販売されている会社があります。
実は、物理や化学の常識では、
そのような方法で抽出すれば『飲料水の基準を超える強いアルカリ性』になるはずです。
なので、この
水溶性ケイ素商品のとして販売されている商品をネットから数種類購入し、
容器から原液を取り出して酸性かアルカリ性を示すペーハー値を測定しましたら
⇒何と「そのpH値が11〜12」もある
強アルカリ性と判明しました。
これは、豊洲移転問題で明らかになった地下水や、下水管の清掃に使う化学薬品と同レベルの『強アルカリ性』を示しましたので、薬事局や消費者庁や保健所からの指導はどうなっているか不明ですが、そのままでは人間は飲んではいけないと思われます。
 
 だたし、Amazonなどネットでも多数の『水溶性ケイ素』が売られていますで、
強アルカリ性であることは考慮せず、この『水溶性ケイ素』につきましては、
日本で一番売れていそうでネット価格がアマゾンで一番安い
『既存の水溶性ケイ素』商品で、
ケイ素のコストパフォーマンスを比較探求しました。
 
 そして、ケイ素1咾涼渦舛侶彁擦侶覯未鯢修砲靴燭里これです。
 更に、
弊社の
ケイ素溶出セラミックSilica sinter (シリカシンター)の研究で
一番強調したい事は?
 その詳細は下記になります。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 まず、
『 Silica sinter (シリカシンター) の最大の特長を『ひと言』で申しますと
 
 天然のケイ素=ケイ酸塩特有の『立体構造』を、残存させたケイ素製品
であると言う事です。
<ケイ素は、自然界で存在している立体構造でこそ、その力を発揮する!>
 
 理由は
ケイ素含有物が
立体構造を持たないと、その立体構造のみに起きる「水中でのイオン化による電気作用」が
起きにくく、水道水使用時の塩素の除去や体内でのイオン交換能があまり期待できないのです。
ケイ素と言いましても自然界では、二酸化ケイ素(シリカ=SiO2)、ケイ酸(主に=H2SiO3を指す)、
ケイ酸塩(=珪酸ナトリウムやケイ酸カリウムなど自然界では
立体構造をしているものを指す)のどれかの
状態でしか存在出来ません。
 【★ケイ素が立体構造の時にその力を発揮できる理由は『よくある質問集』で詳説しています。】
 
 《因みに、人工的にケイ素分子の単体Siだけで生成されたもので、限りなく100%に近いもの(=99.の
後に9が30個ぐらい並ぶ)は、太陽光発電の発電パネル基盤に使われており、99.99%程度の純度でも
「テラヘルツ波」が出ているのでヒーラーや美肌サロンなどでトリートメントの道具に使用されています。》
 
 そこで弊社は、この立体構造を壊さず、更に、日本政府が飲用に安全と認める成分に仕上げる為に、
鉱物内のゴミやバクテリア消滅を目的に、気圧は1〜10気圧の範囲、温度は100〜800℃の範囲にて、
多様な条件の下で鉱山採集場から取り出した鉱石を加工+実験し最適値を得ました。
ここでは企業秘密の関係があるので公表致しませんが、『ある温度とある圧力』で処理すると、
立体構造を温存したままで、水で簡単に崩壊しケイ素が溶出する状態の
Silica sinter (シリカシンター)という鉱物セラミック製品になりました。
 ★原料は、自分達で採集現場の確認もしましたが、安心の日本国内で産出した鉱石です。
 
 ≪ 実 験 経 緯 は?≫
 ★行った実験は、
ケイ素含有鉱物鉱石の中で、どの鉱石が一番速く「ケイ素」を溶出するのか?
という実験です。
 
 ケイ素が含有されている鉱物は、既に先人が調査検証して数多くあることが解っていますので、
 
 我々は、一般家庭で簡単に手に入る道具を使い、ケイ素溶出が簡単に出来ると言う条件の想定の下、
科学者ではない普通の人でも出来る環境の中で世界各地から集めたケイ素含有鉱石を同じ分量を入れて
ケイ素の溶出度を観察測定しました。

対象原料は、世界各地の花崗岩、麦飯石、ブラックシリカ、など
ケイ酸塩が60%以上含有されていることが周知な岩石としました。
 
 まず、
ペットボトルに選別した鉱石を入れ、上から水道水を満たして
自分たちで
味覚の確認をして、飲むに耐える味や匂いの鉱石を選別し、
 
 選別した20種類以上のケイ素含有鉱物による時間経過対溶出度の測定をしました。
 その結果、
Si(ケイ素)の溶出度の一番良かったのが、
Silica sinter (シリカシンター)でした
 
 そして、
この鉱石について、溶出したケイ素が飲(食)用に使う事が可能かどうかの確認をし、
厚生労働省の『食品衛生法及び栄養改善法に規定されている365品目の成分』と判明しました。
ですから、
Silica sinter (シリカシンター)は、国が認める飲用可能成分と表示しています。
(成分の安全性を国が認めていることが解ったので、
今では、
シリカシンターの原料は食品会社にも納品しております。)
因みに、麦飯石やブラックシリカは、国が規定する成分表には記載がありません。
 
 最後に、シリカシンターから水に溶けだすケイ素の濃度を、
国が認める第三者分析機関の
食品分析センターにて分析をして頂き、
下にあるように『溶出度のエビデンス』としました
 
 更に、
販売までに研究開始から既に1年以上が経過していますのは、
私たちも科学者の一員と自負しておりますので、
いくら理論で容器の水に飽和するまで溶出すると解っていても
それを証明するためには、やはり実験しかないので、
溶出実験は1年以上行い、1年後の溶出濃度も理論通りであった事を、
毎日、同じ時間に水を換え、1年かけて確認しました。
この実験数値も、第三者分析機関の食品分析センターで分析をして頂き、
その分析データも持ております。

(ここまで、メーカー談です。) 
 
 (★メーカーから頂いた数値を当店が解り易くグラフ化しました。)
 
 ★溶出度のグラフが示す時間経緯は、理論と一致しているので右肩下がりになっています。
つまり、
徐々に、毎日一定で溶け出していた事を証明しています!
 
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 ■最後に、店長からの『お勧め』の一言■
 実は、
アメリカのNASAではアポロ計画の時代から
宇宙飛行士の食事には、
カルシウムは有効ではなく
ケイ酸塩鉱物」が有効と研究報告され
現在もNASAでは食事などの飲用に使われております。

(★この事は、欧米では既に1990年代からテレビや雑誌で頻繁に紹介され有名です。)
 
 ですから、
「育ち盛りのお子さまや中高年(の栄養補給)に」
「ダイエット時の栄養補給に」
「多忙で食事が不規則な方(の栄養補給)に」
「スポーツをする方」
「健康を保ちたい方に」
「美容のために」などお考えなら
 
 是非とも 今すぐ ご注文ください。
 
 原料が天然物で医療用小規模施設での製造の為、
大量生産も出来ない商品ですから
 
 欲しいと思ったら⇒ご注文は 今すぐ!
 
 「水溶性ケイ素」やペットボトル入りの「シリカ水」の事は、よく知っているけど 
年間で使用すると高額で大変と思われている皆様へ
 朗報!自宅でシリカ水が 毎日格安で飲めるケイ素溶出セラミック
1回分は、約150咫殖の高濃度でも『僅か 3円以下
★1度購入すれば、約150咫殖の高濃度のケイ素水1リットルを
     毎日飲み続けても6年9か月も飲める費用対効果も魅力!
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ■よくあるご質問&回答集■
 その前にシリカシンターの主成ケイ酸塩の安全性は、下記のとおりです。
 
 ◆(*注01) シリカシンターの主成分「ケイ酸塩」
1995年の食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律
平成7年法律第101号)附則第2条第4項で規定される名簿に収録
された成分で、2011年5月6日現在、365品目が収録され、
「既存添加物の安全性評価に関する研究調査(平成8年度調査)」に
よって、安全性が高いものであると結論され以降、安全性の報告が
継続される名簿に掲載されている成分の1つです。
 
 質問1水道水を使ってケイ素が格安で飲めるのはありがたいですが、出来たケイ素の水が
  何故、ナチュラルミネラルウォーターって言えるのですか?
 
 ◆ご回答
消費者の方は、ペットボトルに入れて販売さている『ミネラルウォーター』は、
水道水よりは『各種ミネラル』が多量に入っていると思われていますが、
実は、水道水も本編のイラストAの図解のように、自然界の山河から出てきた水を
取水しております。それを殺菌消毒して安心な水にしてから水道で自宅などに送るのですが、
万が一のバイ菌などの対策に「カルキ=塩素原料」を混ぜています。
つまり、水道で送る前の水は、ペットボトルで販売している「ミネラルウォーター」と同様の
処理をした水ということです。
ですから、水道水を
Silica sinter (シリカシンター)で塩素を除去すると、
もともとのナチュラルミネラルウォーターに戻ります。
又、何故かあまり公表されていませんが、水道水と有名ミネラルウォーターのミネラル含有量の
比較表がありますので掲示しておきます。
この表をご覧になれば、日本の水道水の素晴らしさが実感出来ます。
 
 
 この表を見ればお分かりのように、
水道水もペットボトル入りミネラルウォーターもミネラル含有量は大きな違いはないようです。
 因みに価格は
東京都の水道料金は、1立方メートルで約300円なので、1m3(立方メートル)は、1000 L(リットル)ですから、
1000リットルで300円です。・・・つまり、1リットルは、僅か0.3円です。
 一方、
ペットボトル入りミネラルウォーターは、
格安店でも、1.5リットルで約105円、05〜1.0リットルで約70円
これを、『水道水の1リットルが0.3円』の比べると
ペットボトル入りミネラルウォーターは、水道水の約230倍の値段です。
当店の広告見出しが
自宅でシリカ水が 毎日3円以下で飲める ケイ素溶出セラミック
となっているのは、
150/Lのシリカ水を作るのに必要なケイ素の原料費は、広告文の説明通り 0.016円なので、
150×0.016=2.4円ですが、
必ず、水道水が1リットル分=0.3円がかかるので 合計で 
3円以下で飲める と表示しています。
 
 質問2 私は、1リットルのペットボトルに300gのシリカシンターを入れ1000佞凌綟賛紊鮖藩僂掘
150/Lの濃度で作っていますが、もっと濃い濃度にするには、どうすればいいですか?
 
◆ご回答
開発メーカーに尋ねましたら、
「大体、1000佞凌紊紡个100gのシリカシンターを投入すると、
50/Lの濃度の珪素水が出来ます。ですから、その率で調整願います。」とのことです。

ここで、裏技のご紹介
メーカーさんにお聞きした率で計算しますと、
500咾稜仕戮離吋ち膿紊鮑遒蹐とすれば、2Lのペットボトルかピチャー等に、
シリカシンター1000g一袋分全部を投入して1000佞凌紊膿擦沓曳嫗圓燭覆てはなりません。
そのことをメーカーさんにお聞きしましたら、
≪裏技≫があります。所内の実験で実際に行い、その結果を分析センターでも測定して頂き、
エビデンスもある。」とのことですが、
裏技は、実に簡単に『高濃度=約500/Lのケイ素水』を作ることが出来るのですが、
それは何と!
シリカシンターは既定の300gのままで良く、水1Lとシリカシンター300gをペットボトルに入れたら
「その場で シャカシャカと 2〜3回振り、少々濁った状態の水になりますが、
それで、約500/Lのケイ素水になっているとのことです」
その測定数値が下記の分析表です。
 
456ppmとの分析値が表示されています。
 
 店長がメーカーさんに「じゃあ、1晩寝かさなくても いいのではないですか?」
と質問したところ、
「容器を揺すれば高濃度のケイ素水は出来ますが、振り方は人それぞれの力が違いますから、
150/Lの安定した数値を約束できないので、科学者の立場からすると、
150/Lを飲用するなら、お勧めしません。
しかし、急いで高濃度のケイ素水が飲みたい場合は、シャカシャカするしか方法はないです。」
との回答を頂きましたので、参考になれば幸いです。
 
 質問3水道水で浸して約5分でPDP試薬による測定でも、「残存塩素がなくなっている」
とのことですが、何故、そのようなことが魔法のように起きるのですか?
 
 ◆ご回答
消費者の方もご存知とは思いますが、カルキ分を消すなら、
水道水をヤカンや鍋に入れて、数時間放置するとよいというのは正解で、
実は、
カルキ等と言われる水道水の消毒剤の主成分=次亜塩素酸(化学式HClO)自体は、
水溶液中では不安定で分解しやすく、次のような不均化の式のように
「塩化水素として徐々に分解」して、蛇口から出てきた水道水の中では
2 H C l O ? 2 H C l + O 2 の変化をしています。
これは 酸素ガスと 塩酸ですから 水の中では
H C l → (H+) + (Cl-) のように極々微量の塩酸の水溶液となります。
つまり、HCl→ (水素イオンH?)+(塩素イオンCl?)となります。
 
そして、この式を利用して質問されている
「何故、シリカシンターで水道水消毒用の塩素化合物が5分程度で消えるのか?」
について説明してまいります。
 ≪その前に、水道水に塩素化合物を入れるのは法律と知ってください。≫
戦後の日本の法律で、日本の塩素の基準は「塩素は、家庭の蛇口で0.1ppm以上残っている事」
となっており、現在の東京都ではホームページに水道局でも
「おいしさに関する水質目標」を独自に定め
残留塩素濃度を必要最低限の0.1mg/L以上0.4mg/L以下としています。」
と掲載されています。
東京在住の当店店長も自宅で水道水を測定しましたら「約0.15mg/L」でした。
 
ここからが他社では殆ど説明されないので重要な情報をお伝えいたします。
 
まず、皆さんが気にされている『残留塩素』というモノについて正しい説明をしますと、
それを測定するのには、有名なDPD試薬という残留塩素検査試薬を使うのですが、
実はこの『ピンク色』への変色という
DPD試薬の塩素成分の反応(一般消費者の殆どの方が思っていた)は、 

『単なる塩素イオン』との反応ではなく『毒性のある塩素化合物』との反応 だったのです。
 
どういう事かと言いますと、
水道局が消毒に使っている塩素化合物は「次亜塩素酸」なので、
DPD試薬は、この水道水中の「次亜塩素酸」に反応して『ピンク色』に変色していたのです。
 つまり、皆さんが想像されておられる「塩素イオン=(Cl-)」との反応の結果ではなかったという事です。
ですから、
水道水の塩素化合物は消滅させても『塩素イオン(Cl?)』は残っています。
 そして、ここで強く言っておきたい事は、
「塩素イオン=(Cl?)」自体は、人間の生命維持には大変重要で必要な成分であるということです。
血液の塩分濃度は塩化ナトリウム換算で0.9%必要であり、塩素イオンがないと血液が機能しませんし、
食べたものを消化する胃酸には高濃度の塩酸(HC?)が入っており、食べ物の殺菌と消化をしています。
と言うように、
(Cl?)が体内に含まれないと、胃酸どころか血液が機能しないことになります。
又、
海の中の生物は「NaC?の=塩」の水溶液中で暮らしているわけですから、
「塩素イオン=(Cl?)」が毒ならば海には生命は存在していません。
 
解説が長くなりましたが、当店のホームページも消費者様に解りやすい様に、
「5分程度で塩素分は消えます」と書いておりますが、
正しく詳細に説明しますと、
5分程度で、体に害のある塩素化合物は消えて、
無害で体には必要な塩素イオンと水素と酸素に分解されます。

ということになります。
 
最後に、開発メーカーからお聞きした
『水道水を
Silica sinter (シリカシンター)で塩素化合物を塩素イオンと水素と酸素に変化させる化学式』を簡単に
表示しますと
 
シリカシンターは
(mCa,nK2,sNa2)(xAlSi5yO12z+aAl2Si7bO18c)2・dH2O
(★a b c d m n s k x y zなどは、数価)
で表される鉱物(化合物)です。
 
このシリカシンターは、立体構造上、既説のように負に帯電していますので、
(★化学的にいうと、浮遊電子が一つ多い状態です。)
このシリカシンターを水道水で浸すと、
水道水中のCaやMgなどがシリカシンターでイオン交換され
シリカシンター中のケイ素の立体構造内のNa+やK+が放出されます。
(★現在の物理・化学ではこの学説で説明されています。)
 又、
次亜塩素酸は下記の自然分解をしますが
 2 H C l O → 2 H C l + O 2
 
 それをNaやKで促進され
 
(1) 2 H Cl O + 2Na  →  2 NaCl + O2 + H2
(2) 2 H Cl O + 2K  →  2 KCl + O2 + H2
(★この2つ化学式は、開発会社が世界で初めて公表した化学式とのことですので、
ネットで探しましたが、次亜塩素酸とNaやKとの反応式は本当に出てきませんでした。)
となり
NaCl と KCl は水中で イオン化しますので
Na? や K? や Cl? となり、人体に必要なミネラルになります。
 
そして、この事が『ケイ素が立体構造していないと力を出せない』理由でもあります。
 
どういう事かと言いますと、
ケイ素分子の単体は自然界では「Si」として存在出来ず、必ず下記のような形で存在します。
 
これが最小単位です。上から見ると下記のように見えますが 簡単に描けるようにとしますと
      
 ケイ素の性質で一番目に出来る立体構造が下記△覆里任垢、その中心に取り込める分子は1個です。
(★
水溶性ケイ素と言う商品は、生成段階で強アルカリ成分の添加によりケイ素が,涼餌両態にされています。
  ですから、1つのミネラル分子も取り込めないのです。)
      
      
 ところが、
Silica sinter (シリカシンター)は、のケイ素の基本的立体構造が、
更に上下左右に積み重なったものですから、下記ののような形をしています。
    
 その中の一部は上述しましたがシリカシンターは、ナトリウムのような状態で持ちながら
実は負に帯電しています。 
    
 つまり、シリカシンターは立体構造をしていて(Na+イオン)を内包しているので、
上記の化学式のように
カルキ=主成分:次亜塩素酸を塩素イオン化し無毒化することが出来ます。
 ここで、
/緇修らケイ素を抽出して作成されたという清涼飲料水として販売されている「水溶性ケイ素」
と、
 ∋殻から湧き出すケイ素を含有した「シリカ水」の中から117/Lの最高含有の「シリカ水」
と、
 今回ご案内のSilica sinter (シリカシンター)
との、
 水道水のカルキ(成分:次亜塩素酸)に対する無害化効果について比較しますと、
 
 /緲論ケイ素自体は、原液の内容も単なる二酸化珪素の集まりなので、
水道水に含まれる次亜塩素酸を塩素イオン化し無毒化することが出来ません。
 
 ▲撻奪肇椒肇詁り「シリカ水」は、含有物に『ケイ素』は入っていますが、誰が考えても解るように
 水道水に
ペットボトル入り「シリカ水」を加えても、少量では残留した塩素化合物の塩素イオン化は出来ません。
 
 この事で、Silica sinter (シリカシンター)水道水の塩素化合物を消去できる優位性が解ります。
 
 質問4シリカシンターと「既存の水溶性ケイ素」や「ペットボトル入り シリカ水」と価格比較で
シリカシンターの「1咾△燭0.016円」が安いのは良く解りましたが、海外品のシリカ錠剤サプリや
シリカ液体サプリとの比較はどうなのですか?
 
◆ご回答
 ケイ素の錠剤のサプリや液体サプリメントがありますが それとの価格比較をしました。
その結は、
●ケイ素サプリ錠剤: 500咫180個は、
2050円で、1個に40咾SiO2が含有との表示なので、
構造式から重量換算すると ケイ素1mgあたり0.61円
●液体サプリメント「ドイツ販売」は500mlが8424円で、
表示では、ケイ酸として含有量が「2.47%」ですから、
ケイ酸H2SiO3の構造式から重量換算するとケイ素1咾蓮27.4円
因みに、シリカシンターは0.016円なんと171倍、薬は儲かる訳ですね。
 
 質問5『ケイ素水・シリカ水』として飲むだけでなく、他にも利用方法はありますか?
 ◆ご回答
  Silica sinter (シリカシンター)ので作った『ケイ素水』でご飯炊けば、
いつもより美味しくなったと感じていただける方が大半です。
 是非とも、ご飯、コヒー、お茶、味噌汁、その他、水を使う料理の時は、どれでもお使い下さい。
 
 質問6、人間にだけではなく、ペットの犬や猫に飲ませてもいいですか?
 ◆ご回答
 カルキが消えた「ナチュラルミネラルウォーター」になっていますので、ペットの犬や猫たちにも
是非とも、飲ませて上げて下さい。
因みに、
 植物にも良いようで、食卓で育てる食用カイワレ大根やアルファルファなどをこの水で育てると
 成長がかなり早くなり、1週間では倍ほどの成長するものがあります。
 
 
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 「水溶性ケイ素」やペットボトル入りの「シリカ水」の事は、よく知っているけど 
年間で使用すると高額で大変と思われている皆様へ
 朗報!自宅でシリカ水が 毎日格安で飲めるケイ素溶出セラミック
1回分は、約150咫殖の高濃度でも『僅か 3円以下
既存の水溶性ケイ素とのケイ素1mg当たりの価格比較なら1/300と超格安!
★1度購入すれば、約150咫殖の高濃度のケイ素水1リットルを
     毎日飲み続けても6年9か月も飲める費用対効果も魅力!
商品名 『Silica sinter (シリカシンター)2袋セット』のご案内
       2つの無料プレゼント 必須アイテムの.櫂奪鉢△風呂用網袋が付きます。
販売価格 今なら 11,000円 
【お得サイズ 1,100g入り】
(定価 2袋 20,000円)
(更に、送料無料)価格は税込

代引手数料は、10000円(税込)以上で無料。

 
原料は、100%天然成分で厚労省が飲食用を
認める安全な素材
を使用。
これを食品の原料としても提供している会社
が開発したケイ素溶出焼石セラミックです。
ご注文は 今すぐ コチラ から

ページトップへ